チキンソテー



大山鶏を焼いてます。鶏を焼いてるといつも思い出す。まだ料理を始めた頃、シェフが僕に「君はいつも料理の鉄人気取りの賄いを作ろうとしてるけど、まずは美味しいチキンソテーを作る事から始めなさい」と。
もっとも過ぎて何も言えなかった。
鶏を焼いてると今でも思い出します。
初心忘るべからず^_^

新宿 自然派ワイン


最近はこんな感じでやってますー。
よろしくお願いします。

インスタ everyday_garni よかったらフォローして下さい^_^

北参道 ロクターブ

先日、お客様に誘われ北参道のフレンチ「ロクターブ」さんにお邪魔してきました。
北参道の住宅街にある素敵なお店です。
同世代のシェフが1人で切り盛りしていて親近感が湧きました。
お料理のプレゼンや盛り付け、一皿一皿の提供温度、食材の組み合わせや火の通し方。とても勉強になりました。
ガルニとは違うハレの日のお店だとは思います、同じような食材は使えませんが、お料理に対する気持ちは負けないようにしたいなーって思いました。
がんばろー。


テーブル製作中

炭火焼をやめてから奥のテーブル席を復活させたのですが、ちょっと手狭だったので1.5倍位の天板を買いました。
明日ニスを塗って明後日には完成かな〜。

試飲会にて

最近、秋冬に向けてのワインの試飲会に時間を見つけては頻繁に行っています。
3年前、ソムリエの資格を取って自分で好きなワインを選んで店に置くようになりました。
当時はちょっとトンがったセレクトとでも言いますか、かなり野性味溢れる味を好んでいたのですが、最近は日本の自然な造りのワインのような優しくバランスの良い味が好きになって来たように感じます。
ちょっと肩の力が抜けたのか、歳をとったからなのか、まあその時その時で自分の味覚に素直に向き合っていこうかと思う最近の試飲会です。

なかなか個性的なやつばかりでした。

黒枝豆

ご近所の常連さんから、丹波ささやまの黒枝豆を頂きましたー。
ふるさと納税したらメチャクチャ届いたのだそう。

こんなにしっかりして大きな枝豆は初めて見ました。
うーむ、どうしてくれようか?

ヤスコさんありがとうございますm(_ _)m

ガルニチュール

ガルニ的惣菜4種盛りの仕込み。
1つ1つは地味だけど力を合わせて立派な一皿に。
人参、紫キャベツ、もやし、トマト。
800円也

ロゼワインって

先日、同業者のサービスマンの方と神楽坂のスペイン料理店「エスタシオン」さんに行って来ました。
スペイン料理とロゼワインが売りらしく、ガルニもロゼワイン推しなので勉強です。


ロゼワインの良さって懐の深さと言うか、おおらかさと言うか、何にでも合わせられる万能性が良いとこだなって改めて思いました。
ガルニのような近所の店で、ロゼワインを何杯かとボリートミストを食べて帰る。
自分ならそんな使い方もしてみたいなと思う秋。

本日定休日

3連休最終日ですが、ガルニは月曜日なのでお休みです。
最近は月曜日に予定が入る事が多く、なかなか子供たちと一緒にいる時間が持てなかったので今日は1日家族サービスさせてもらいます。

写真は先日伺った酒屋さんの試飲会。
一部ワインをブラインドで先入観無しにテイスティング。
純粋に美味しいワインを選べてとても面白い。
勉強になります(^ ^)

曙橋 自然派ワインバーとして

やきとんをやめて3カ月。お客様からも色々な意見や反応を頂きながら試行錯誤している今日この頃。
テーブル席や奥にも席をつくり何となく雰囲気も出て来たと思います。
後は中身の充実。
日常使いのワインバーって何だろう?
やっぱり価値あるワインを出来るだけリーズナブルに飲めてこそのデイリーワインバーでしょ〜〜。
ということでボトルワインの値付けを変えていこうと思います。
仕入値に一律プラス幾ら方式にします。
これならガルニで1番出る価格帯からそれ以上になればなるほどお得な仕組み。
自分ならそれが嬉しい。
ジャンジャン美味しいワインが出てほしいです!

1/30 >>

Profile

ワインバー、ガルニ店主のブログ

〒162-0064
東京都新宿区市谷仲之町4-28
ハイム安田101号

TEL. 03-6457-4145
OPEN. 18:00-24:00
定休日. 月曜日

ホームページはこちら

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Photo index

Recent comment

Selected entries

Categories

Archives

Links

Search this site.

Others